ホーム > 耐震補強 > 耐震リフォームの種類
耐震補強

耐震リフォームの種類

耐震
躯体そのものを強固にして、地震に耐えられるようにするため耐力壁を設けて壁量をふやし、構造材を金物等にて接合する考え方、一部のリフォームでも一緒に出来る。

1.地盤・基礎 崖崩れなどの地盤災害は建物を強くしても防ぐ事が出来ないので、耐震補強とは別に地盤補強を実施する必要があります。

2.耐力壁 耐力壁は地震時に建物が倒れないように抵抗する壁の事です。耐震診断では地震の強さに抵抗する耐力壁の量を計算して、筋交いや耐震合板、ベニヤなどで補強し耐力壁量を充足します。

3.壁の配置 壁はバランスよく配置する必要がある。南の開口を大きくして北側の部屋で壁量のつじつまを合わせようとしても、バランスが悪くなるので注意が必要です。最近では開口部をつけたままで耐震性能を持たせた開口付耐震壁やフレーム工法も開発されており、耐震性能を保持しながら快適な構造計画も可能になっております。

4.劣化 蟻害、柱や土台の腐食などにより劣化した部材は、構造性能が劣る為部材を交換する事はもちろんですが、さらに重要なのは今後こうした劣化を発生させない為に原因究明を行い防止する事であります。せっかく部材を交換しても原因を究明しない限りまた同じ事の繰り返しになってします。水の排水経路を特定し遮断したり、換気を十分に行い白蟻の好む環境にならないように改善したりするなどの配慮が必要です。

 

免震
建物と地盤、基礎の間に免震装置を取り付けて、建物に伝わる揺れを軽減する考え方、リフォームでは出来ない。新築設計段階で検討する。

 

制震
躯体の一部に制震パネルや制震ダンパーなどの装置を組む込み地震のエネルギーを軽減する考え方で、リフォームで制震金物の取り付けが出来る。

どの工法がいいのかは、建物の構造や諸条件によって変わってきます。まずはお店の人に相談するのが一番といえます。

PAGE TOP